娯楽屋
風俗ゆうとぴあ栃木

遊とぴあとは?

栃木県のタウン情報誌・ナイト情報誌といえば「遊とぴあ」

遊とぴあは、毎月テーマごとに県内のおいしいお店をピックアップしているグルメ情報から、季節にちなんだレジャー情報、地元の人も知らないコアな情報etc.…とメジャーからマイナーまでを網羅した特集を毎月多彩にラインナップ。割引きクーポン付きのナイトスポット(風俗店:デリヘル(デリバリーヘルス)・ソープランド等)情報も見逃せません。

1. アフター5情報誌として新しいマーケットを開拓

遊とぴあは、2000年6月に県内初のアフター5情報誌として創刊。タウン情報誌として、消費意欲の旺盛な20代〜40代にターゲットを絞った雑誌として注目を集めると同時に、着実にマーケットを開拓してきました。現在では約20,000部を発行。栃木県内全域及び群馬県、茨城県の一部地域へ配布しています。

2. 身近で豊富な情報をビジュアルな紙面で訴求

遊とぴあは地域情報誌として、地域に密着した情報を発信しています。毎日の生活の中ですぐに役立つ地元情報、それも対象層が最も広く・深く興味のある情報をアンケート等のリサーチにより抽出。写真を多様したビジュアルな誌面で印象深くアピールします。

3. 消費をリードする20代〜40代がメイン読者

遊とぴあの読者は、20代後半をピークに20代〜40代が95%を占めています。この層の特徴としては、消費意欲が旺盛であるという点があります。衣・食・住・遊あらゆるジャンルに渡って興味を持ち、消費のリーダー役を果たしています。

4. ナイトワーク高収入求人情報満載

遊とぴあは、他媒体、一般求人専門誌と異なりナイトワークに絞り込んである為、ロスの無い情報提供を可能にしました。また、求職者にとって、本誌ナイトレジャー関連の特集記事及びPR広告ページでの情報が一層の求人効果を高める要因になっております。情報は職業別にレギュラー、パブ、クラブ、エスコート(風俗店)に分かれており、求職者に与える誤解やトラブルを防止することも出来ます。

5. 習慣性があり、行動を促す雑誌

遊とぴあの読者は、定期購読者が約71%を占めています。一度購入すると、定期的な購買へと結びつく、習慣性のある情報誌です。また、遊とぴあを読まれた人の約85%がその情報に基づいて行動した経験があります。遊とぴあの企画や情報が確実に読者の「心を捉え、足を動かす」ものであることが、この数字からも証明されます。遊とぴあは生活に欠かせない必需品です。

遊とぴあ・発行形態

月刊

毎月27日発売

価格

300円(本体価格286円)

判型

B5版

販売エリア

栃木県・群馬県・埼玉県北部(本庄・深谷等)

基本ページ数

約420ページ(カラー約250ページ、袋とじ約100ページ)

販売方法

コンビニエンスストア、JRキヨスク、書店(文真堂書店・ファミリーブックなどの大手書店各店)、その他(ビデオ店・電気店など)